保険の見直しでお悩みなら

保険とは?

将来設計に合った保障額を

保険を決める際、意外と難しいのが保障額の設定ではないでしょうか。 必要な場面で思ったよりも保障されない。 あるいは、手厚い保障を求めるあまり家計に合わない保険料を払ってしまうなんてことも。 こうした懸念を解消するためには、保障額から保険の見直しを図ってみると良いでしょう。 まずは保障額と貯蓄の関係を考え直し、それからライフイベントに合わせた保障額の伸縮を考えてみます。

保障額と貯蓄の関係を考える

そもそもの保険の必要性を振り返ってみましょう。 思わぬ入院、子供の学費、働きによる収入の減少などに備え、貯蓄で賄えない金額を保障してもらうためというのが、保険加入の主な理由といえるのではないでしょうか。 必要な保障額は想定する支出から貯蓄を含む収入を引いた額から求められます。 つまり、貯蓄で賄える割合が多くなれば、保障額はその分減らすという選択が可能になります。 例えば、十分な貯蓄を見込めない若年期には厚い保障額を設定する選択が考えられます。 逆に、貯蓄が多いと予想できるライフステージの後半では、自身の医療保険の保障額を低く設定し、遺族保障を厚くするといったバリエーションがあります。 いずれの場合も、人生のそれぞれの場面で、貯蓄を省みつつ保障額を決める考えが基本にあります。

保障額は都度見直しが必要

保障額の見直す基準を定めたら、見直すタイミングについて考えます。 大きなイベントとしては家族構成の変化や住居購入などがあります。 家族構成の変化については、保障がそもそも現状に見合った内容になっていない場合もあるので注意が必要です。 この他にも、人によって保障額のニーズが変化するタイミングが様々に考えられます。 重要なのは、その都度、ニーズに合わせた保障額となっているか見直すということです。 契約時の安心感から、自身のニーズの変化を見過ごしてしまうことがないよう、保険料に加えて保障額から保険を見直してみましょう。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.