保険の見直しでお悩みなら
保険見直し > 保険見直しのポイント > 保険の受取人と被保険者の見直し

保険の受取人と被保険者の見直し

税金を考慮して保険の受取人と被保険者の見直す

家族構成が変わったなどの理由で保険を見直す際、注意したいのが保険の受取人と被保険者の関係です。
よくある例として、独身時代から死亡保障の保険に入っていた場合に、結婚後も死亡保険金受取人に親が指定されたままというケースがあります。
仮に親から妻子に死亡保険金を渡す場合には、贈与税がかかるため、保険金受取人を妻に指定していた場合よりも余計なコストがかかってしまいます。
同様に、離婚して家族構成が変わった場合にも、前の配偶者を受取人にしたままだと契約者本人の新しい家族に保険金が渡らない事態が起こります。
あるいは受取人が先に死亡してしまったために、意図せぬ相続人が保険金請求権を相続してしまっているケースなども考えられます。
このように、決して少なくない税金の支払いを抑えるためにも、保険の受取人と被保険者の見直しは疎かにできないと言えます。
契約に関わる人物と保険金の渡り先について適切な契約内容となっているか確認するためにも、税法と保険金の関係を押さえる必要があります。

税法と保険金の関係

保険金がにかかる税は、保険契約者、受取人、被保険者の関係によって、税法が異なります。
ここでは保障額が大きく、トラブルの原因となりやすい生命保険を例にとってみましょう。
契約者と被保険者が同一で、受取人が異なる場合にはみなし相続財産となるため、受取人に相続税の納税義務が発生します。
契約者と受取人が同じであり、被保険者が異なる人物の場合には、契約者かつ受取人に納税義務が生じます。
このとき、一時金として受け取る場合は一時所得として、年金の場合には雑所得として所得税の対象となります。
契約者と受取人、被保険者が全て異なる場合には、契約者から受取人への贈与扱いとなり、贈与税の対象となります。
なお、医療保険では契約者と受取人が同一である限り、生命保険会社からの給付金に課税が生じることはありません。
自身の家族構成と、現在の保険の契約内容を合わせて考え、本来は払わずにすむ税金が発生してしまわないか見直してみましょう。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.