保険の見直しでお悩みなら
保険見直し > 保険見直しのポイント > 保険の種類の見直し

保険の種類の見直し

必要な保険を必要な場面で

保険について、契約している安心感から保障内容の見直しが疎かになってしまってはいないでしょうか。
医療保険は入っているが、がん保険は入っていないというケース。
あるいは、損害保険はあるが、地震については保険で賄えないケース。
これらは、抱えるリスクが変化していても保障内容を見直していない場合に起こり得る齟齬と言えます。
保険は、自身のライフステージ、経済状況に合わせて保障の種類を決める必要があります。

ライフステージ前半に見直すべき保険の種類

ライフステージ別に例を考えてみましょう。
ライフステージの前半で結婚した場合、世帯主が亡くなる事態に備えるために、医療保障よりも死亡保障の保険が重要性を増します。
いざというときに必要となる金額が、死亡保障では数千万規模になるの対し、医療保障では数百万円ですむケースが多いためです。
一方で、子供を持つことを考えている場合、妻の医療保険は早めに契約する必要があります。
妊娠の判明後に医療保険を契約すると、同じ保険料であっても、妊娠・出産にかかわる部分の保障が対象外になってしまうものが大半であるためです。
また、子供が生まれた場合には教育資金積立のために学資保険に入る必要があります。

ライフステージ後半では

住居について保険を決定する際には立地に注意してみましょう。
火災保険に加入している方は多いと思われますが、どの程度の災害まで対応しているか確認する必要があるでしょう。
例えば、水災について保障の対象外だった場合、水害が予想される地域に住む際には新たに災害保険を見直すべきでしょう。
ライフステージの後半である高齢期では、医療保険の保険料が割高になりがちです。
貯蓄に不安がある場合、傷害保険に絞るという手があります。
高齢者にとって、家庭内事故による怪我のリスクは病気と比較しても侮れないものがある一方で、怪我の保障は年齢による差が少ないため、高齢であっても割に大きい保障を受け取れるためです。
このような例を参考にして頂き、自身の状況に最適な保険設計を行えるよう、節目ごとに保険の見直しを行うと良いでしょう。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.