保険の見直しでお悩みなら

保険料の見直し

保険料の見直しは貯蓄に合わせて

保険料を見直したい、でもどこから手を付けるべきかわからないということはないでしょうか。
保険料は基本的に、月々の保険料と貯蓄額のバランスをとって設定します。
なぜなら、貯蓄では賄えないほどの大きな支出に備えるのが保険だからです。
つまり、保険料支払いのために貯蓄が行えない状況は避けるべきです。
ではそのような状況を避けるため、どのようなアプローチがあるかを確認していきましょう。

保険料見直し、3つのアプローチ

保険料見直しには、以下の3つの視点があります。
保障内容の見直し、保障額の見直し、払込期間の見直しです。
保障内容は、ライフステージに合った保障を選択することが重要となります。
特に、医療保険の保険料が割高になりがちな高齢期には、傷害保険に絞るといった対応が考えられます。
次に、保障額を見直す際には、基本に立ち戻り将来の貯蓄がどれだけ見込めるかを考え、家計に最適な保障額を設定できないか考慮すると良いでしょう。
高額な保障額は、当然、払うべき保険料も高くなるからです。
逆に、子供の進学や介護の必要といった予想できる事態には、十分な保障額を期待できるような準備が求められます。
最後に、払込期間については、まとめ払いによって総額の安さを選ぶか、長期の支払いの代わりに月々の保険料の安さを選ぶかというアプローチがあります。
現在の家計状況から判断を下しやすいので、払込期間を見直しの足掛かりとしても良いかもしれません。

相場を気にせず、自身に最適な保険料を

なお、保険料の見直しをする際、ついつい気にしてしまうことがあります。
それは「自分たちの同世代が支払っている保険料の相場」です。
しかしながら、これは人それぞれの将来設計や経済状況により大きく左右される問題なので、有効な視点とは言えません。
「相場」より高い、安いといった判断は、自身に必要な保障をカバーするとは限らないからです。
あくまでも、自身のライフステージにおける収支を慎重に見極め、求める保障を理解し、保険料を見直すと良いでしょう。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.