保険の見直しでお悩みなら
保険見直し > 保険見直しのポイント > 保険料払込期間の見直し

保険料払込期間の見直し

払込期間は保険料の総額に大きく影響する

保険料を払う際、当面の金額を安くしようと思うあまりに、払込期間について深く見直さないことはありませんでしょうか。
実際には、保険料の総額は月の保険料に払込期間の長さを掛け合わせた額となるため、最適な保険料は払込期間とセットで考えると良いでしょう。
払込期間を見直すポイントは2つあります。
まず第一には、収入と支出の変動について、自身で予測を立てること。
次に、まとめ払いを行うことで保険料を割安に出来るかどうかという点です。

収入または支出ベースで考える

払込期間は総額を左右すると同時に、設定した額をその期間中は定常的に払い続けるという意味合いを持ちます。
ある程度の払込期間が経ち、保険料が高いと感じる時期が訪れたのであれば、契約時よりも相対的に収入が下がっているか、支出が増えてはいないでしょうか。
収入が下がる時期として一般に予想できるのが定年退職後の高齢期ですから、保険料はその時期までに払い終えると安心できるでしょう。
退職後にも払込期間があり、保険料が予想よりも家計を圧迫する事態になると、最悪の場合に契約失効の恐れがあることを考慮しましょう。
また、支出が大きく増えるタイミングを見越して、その前に払い終えるという選択もあります。
代表的な例として、教育費がどうしても増えてしまう子供の受験期の前に、払込期間を終えてしまうといった方法があります。

まとめ払いか月々の保険料か

自身の経済状況を考慮した際、余力があるようであれば、払込期間を短く設定した方が得になることもあります。
終身払いでは長生きするほど保険料が膨らんでいくのに対し、短期払いでは長生きするほど保険料が割安になっていくからです。
家計に余裕がない場合は払込期間を長くすることで、月々の保険料をとことん安くすることもできます。
しかしこの選択では、老後にまで払込期間が延びる可能性があるため、慎重に収支と見合わせる必要があるとも言えます。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.