保険の見直しでお悩みなら
保険見直し > 保険見直しのポイント > 保険期間の見直し

保険期間の見直し

定期保険か終身保険か

将来設計に欠かせない保険にとって、保険期間と保障したい期間のすり合わせは基本です。
例えば、生命保険であれば、終身か定期保険かという大きな選択があります。
それぞれの利点は人により異なりますが、いずれの場合も、保障したい期間の自身の経済状況を慎重に見立てることが必要です。
また、定期保険を選択した場合、保険の更新に気をつける必要があります。
満期が近づいた際、自動更新に任せたまま放置すると、更新後の保険料が高くなる場合がほとんどです。
既に十分な貯蓄によりリスクに対応できそうな場合などは、更新をきっかけとして保険期間の見直しを行うことにより、無理のない保険料を設定することができます。
仮に同じ保障期間、保障内容で10年ごとに更新する契約と20年ごとに更新する契約があったとします。
この場合には、10年ごとでは更新後の値上がりを考慮すると総額の保険料は20年ごとの契約よりも多くなります。
しかしながら、10年ごとの契約では初めの10年の間、月額の保険料が安く済むというメリットもあるのです。

保障したい期間に合った保険期間を

その他の保険についても、保障したい期間に合わせて保険期間の見直しができます。
学資保険の場合では、最も費用がかかると言われている大学進学時期に満期学資金を得られるように期間を設定することが考えられます。
また、医療保険の場合、70歳以上の高齢者は公的医療保障により医療費の自己負担額が1割になるため、民間保険の保障期間には含めない保険設計を行うという選択があります。

貯蓄できる範囲で保険期間を見直す

とはいえ、保障したい期間についてはっきりしたことが分からないというケースもあるかと思います。
そのような場合は目標の貯蓄金額と将来に予想される支出を計算すると良いでしょう。
これにより必要な保障額の大体を打ち出した後、目標の貯蓄に支障が出ない範囲で月の保険料の決めます。
保険料は保険期間によっても月額が定まるので、貯蓄に合わせて保険期間を見直すという視点も持つと良いでしょう。

保険契約窓口別のおすすめサイト

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険見直しなら保険代理店セレクション

『訪問型の保険代理店』のみを紹介しており、
自分にあった保険代理店が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。

トップページ

保険見直しのポイント

保険見直しのタイミング

保険会社見直し 口コミ・評判

Copyright© 保険見直し All Rights Reserved.